また来たいと言ってもらえる場所でありたい。
利用者さんとご家族が安心して地域で暮らし続けられるように
心地いい居場所づくりを心がけています。
24 時間365 日の生活をサポートするため
さまざまなサービスをご用意しています。

また来たいと言ってもらえる場所でありたい。
利用者さんとご家族が安心して地域で暮らし続けられるように
心地いい居場所づくりを心がけています。
24 時間365 日の生活をサポートするため
さまざまなサービスをご用意しています。

地域生活支援センター

"地域生活支援センターは、利用者さんのニーズに応えるため、短期入所、日中一時支援、入浴などのサービスを行います。医療的なケアが必要な方にもご利用いただいています。ご自宅で生活される方のもう一つの居場所として、ご家族の負担を減らし、利用者さんが地域で暮らす手助けをしたいと思っています。また、サポートステーション(居宅介護事業所)では、ご自宅での支援や、外出支援のためのヘルパー派遣を行い、利用者さんの地域での暮らしをお手伝いします。

[ 過ごし方の例(短期入所) ] 夕方来られてからお食事と入浴をお手伝いし、午後9時の消灯まで、リビングで皆と楽しんだり個室でテレビを見たりと思い思いに過ごされます。朝の支度は一人ひとりのペースを大切に職員が寄り添います。"

大切にしていること

自立に向け自宅以外の場所で過ごす体験として、また、ご家族の用事や休息のためにご利用いただいています。ありがたいことに、ここに来る日を毎回とても楽しみにされている方もおられます。安心して過ごし、気持ちよく自宅に帰っていただけるよう、利用者さんの想いをくみ取り、ご本人のリズムに合わせて生活していただくことを心がけています。細かなことにも気を配り、職員同士で気づいたことを伝え合うようにしています。

障がい者向けグループホーム 「ジョイフル」

昼間は日中活動の場へ通所し、夕方から朝の時間をグループホームのリビングや居室で思い思いに過ごしていただきます。それぞれの趣味の話から興味や話題が広がるなど、共同生活ならではの楽しさがあります。

大切にしていること

グループホームを利用していただくことが最終目的ではなく、グループホームで暮らすことによって、自分に合った自分らしい暮らしを実現し、仲間や地域近隣の方とふれ合い、人生を豊かにしてもらうことを大切にしています。家族との関係を繋ぐ場所であり、居心地のよい”我が家”といった存在のグループホームであるように暮らしを支えています。

小規模多機能型居宅介護事業所「きりしま荘」

地域での暮らしを継続できるよう、高齢者の方々を対象に、通所、宿泊、訪問などのサービスを組み合わせ、一人ひとりの介護ニーズに合わせて支援を行います。昔よく行った思い出の場所を訪ねるというような、利用者さんがあきらめかけていた夢を実現する企画などを通じて、生活への意欲が高まるような関わりを心がけています。

大切にしていること

ご本人やご家族の希望に合わせて、最期をどこで迎えるのかも一緒に考えます。「病院よりも馴染みの場所で信頼できる職員に介護をしてほしい」と言ってくださる方もいて、喜びとともに責任の大きさを感じます。

きりしま荘 詳しくはこちら

そのほかのサポート

TOP