障害者総合支援センター 乙訓ひまわり園

文字の大きさ
  • 文字の大きさ 標準
  • 文字の大きさ拡大
  • アクセス
  • ひまわり会後援会
  • リンク

苦情解決、虐待防止への取組

苦情解決の取り組み

本法人では、下記の通り苦情解決責任者を定め、第三者委員を交えた話し合い、解決の仕組みを設けています。

1,苦情解決責任者
小野 哲(園長)
2,苦情受付担当者
森井 詳太(乙訓ひまわり園センター長)
村山史洋(第2乙訓ひまわり園センター長)
寺谷朋也(第3乙訓ひまわり園センター長)
河原絵里(地域生活支援センター長)
井上大(地域連携室・トリムタブカレッジ)
3,第三者委員
郷間 英世(元京都教育 大学教授)
小山 隆(同志社大学社会学部社会福祉学科教授)
4,苦情解決の方法
  1. 苦情の受付
    苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受付ます。なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。
  2. 苦情受付の報告・確認
    苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
  3. 苦情解決のための話し合い
    苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
    なお、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。

    • ア.第三者委員による苦情内容の確認
    • イ.第三者委員による解決案の調整、助言
    • ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
  4. 都道府県「運営適正化委員会」の紹介
    本事業所で解決できない苦情は、京都府社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会(電話 252-2152)に申し立てることができます。

虐待防止の取り組み

平成24年10月の障がい者虐待防止法の施行に伴い、本法人としても虐待の予防、早期発見と対策に取り組んでいます。法令の有無にかかわらず虐待はあってはならないことであり、虐待をしない、させないための取り組みが重要と考えています。

本法人では、研修によって職員の資質向上を図ることで、職員による虐待を防ぐよう取り組みを進めています。また、圏域の虐待防止センターと連携し、虐待事案の早期発見と対応に取り組みます。